龍池楼(たついけろう)

明治10年に
京友禅の工房として建てられた京町家で
当主・友禅下絵師、
熊谷慶雲の手による絵を間近に、
京・美山のジビエと
酒処伏見の銘蔵、月桂冠の日本酒を愉しむ。

「龍池楼」の建物は、明治期より代々京友禅の下絵師である熊谷家の工房兼居宅として明治10年に建築されました。
店内に飾られている装飾品の全ては、京友禅の下絵師、当家・熊谷慶雲の手により描かれたものです。
当店のお料理は、京都美山の地鶏、猪・鹿などのジビエ、美山牛乳を使った乳製品など、森の恵みを中心とした創作調理となっており、お酒は酒処伏見の蔵元・月桂冠の日本酒の中から趣の異なったお酒を常時十数品以上、ワインも日本ワインにこだわり、時季によって異なる希少なものを取り揃えています。
築150年の歴史ある京町家で絵画をご覧いただきつつ、京都美山の森の恵みと蔵元直送のお酒をお愉しみ頂ければと思います。

「龍池楼」店主・税理士 熊谷 宏臣 拝

TOP